近頃多い熟年離婚って何故起こるのでしょう?熟年離婚と言うものは、妻から夫に離婚を切り出すと言うケースがほとんどみたいです。熟年離婚が起こりやすいタイミングなのですが、子供の就職、子供の結婚、そして、夫の定年退職後ではないでしょうか。要は、妻の側からすれば、ずっと離婚したいと思っていて、最適なタイミングがくるまで我慢していたわけですね。子供につらい思いをさせたくない一心で、子供にとってよりダメージが少なくなるまで、離婚を延期していたのだといえます。でも、夫にしてみたら、妻がそんなことをかんがえているとは思いません。それに気が付くような夫なら、熟年離婚を切り出されたりはしないだといえます。妻が離婚したいと考える理由は多種多様ですが、熟年離婚を切り出すからには、その決意はかなり固く、夫がどんなに謝っても離婚を思い止まってくれないだと言えるはずです。一例としては、若い頃に浮気された、姑にいじめられた時にかばってくれなかった、子育てを任せ切りにされた、夫の両親の介護が大変だったなど、妻は全ての不満を溜め込んでいるでしょう。夫にとっては、「今さら」と思うようなことでも、妻にとっては水に流したり、忘れたり出来ないことなのです。熟年離婚をしてしまわないためには、常に夫婦でよく話し合うことが大切なんです。そして、妻を思いやる気持ちも必要となります。共働きともなれば積極的に家事を手伝ったり、専業主婦であったとしても体調の悪い時には休ませてあげるなどの配慮が大切になります。とにかく、妻の不満や悩みをこまめにきいて、ストレスを溜めさせないようにされて下さいー